読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピラスキア

漫画とかワールドトリガーとか艦これとかたまに洋服のこととか

【映画】劇場版アイカツスターズ!

f:id:speiraskia:20160821232749j:image

友達に誘われて、というより「映画のチケット代を払うから観てくれ」と半ば強引に連れられて、「劇場版アイカツスターズ!」を観てきました。

 

ちなみに、アイカツ!はキャラの名前は知らないけど顔がわかるくらい。アイカツスターズ!に関しては、何も知らない状態で観ました。そこら辺を踏まえての感想ということで。また、今回は「劇場版アイカツスターズ!」のみの感想です。

 

以下、ネタバレ注意。

f:id:speiraskia:20160821232819j:image

 一言で言うと、主人公・虹野ゆめちゃんと桜庭ローラちゃんが喧嘩して仲直りするだけの話。ただこのゴールまでの持っていき方がすごかった。

 

上映時間はわずか一時間。この一時間の中で、新規の人間にもしっかりと伝わるように各キャラクターを掘り下げ、豪華でクソエモいライブシーンを織り込み、いずれアニメ版で回収されそうな伏線を配置し、しっかりと2人を仲直りさせるという半端ない構成力を見せつけられました。

 

女児向けアニメということで、内容はとてもわかりやすく簡単です。なのに大人でも退屈せずに最後まで夢中で観れてしまった…。チケット代を払ってもらったからこんなに大絶賛しているわけではなく、もう本当に夢中になってしまいました。

 

これアイカツ!シリーズのことを何も知らない人間の意見なので、相当見当はずれなことを言ってるかもしれませんが、アイカツスターズ!は、当時アイカツ!を見ていた子供たちの成長に合わせて、少し大人になった子供たちに合わせて作られたんじゃないかなって。

作中では、香澄真昼ちゃんが少し損な役回りになってしまいます。ハッピーエンドの裏で、なんだかできる子っぽい真昼ちゃんはそんな悲しみをしっかりと隠し通していました。女児じゃなくてもう随分といい大人の私は、真昼ちゃんだけが抱えたその悲しさが少し引っかかっていたわけですが、まあ女児向けアニメだから「大多数が幸せならそれでいいのかな」なんてクソ甘い馬鹿げたことを考えていたわけです。そうしたら見事に真昼ちゃんのお姉ちゃんの夜空ちゃんがそのフォローを入れたわけです。大多数じゃなくて、ちゃんと全員が笑顔で終われるように。このシーンでもうすごい感動してしまった。大人でも全員笑顔で終わらせることなんてなかなか出来ないのに。

とまあこんな感じで、若干のシリアスムードが漂っていたり、キャラクターのフォローもしっかりと入っていたので、「ちょっと大人になった子供向けなのかな?」と感じた次第です。

ストーリーについては、無駄の無い構成と大人でも十分に楽しめるボリュームと大満足でした。

 

一番驚いたのは音楽について。アイドルモノなので、ライブシーンがあるのはわかっていましたが、それがまさかのゴリゴリのEDM。あとで友達に聞いたところ、アイカツ!シリーズでは、かなり幅広いジャンルの曲が登場しているようです。

もちろん映画を観に行ったわけですが、S4のライブに参加したと言っても間違いじゃねえよなってくらいのクオリティ。正直一番感動したのはこのS4のライブシーン。そりゃみんなの憧れになるわってくらい。頼む幕張メッセでS4のライブをやってくれ。

 

 

 

まったく知識のない人間でも楽しめるし、なんなら香澄真昼ちゃんと白鳥ひめ様が気になりすぎてこれからアニメ観るかってなるくらいには控えめに申し上げても最高の映画でした。だからみんなも今すぐ映画館に行こう。今なら入場特典でアイカツ!カードも付いてくるから。

 

 

広告を非表示にする